戸締りよーし

日々低空飛行でも気にしない。できることからやっていきます。

はじめての海

埼玉県には海がない。
しかし、長男にとってはじめての海は意外と身近なところにありました。

 

ーーある日のこと
子供達が少し大きくなったので、近場であれば旅行をしても大丈夫だろうということで、なつやすみに海の見える旅館で1泊することを計画しました。

 

皆さんご存知の通り、子連れで旅行は結構大変です。
宿泊先は子連れでOKか、食事は大丈夫か、そこまでの移動手段にムリはないか。

 

気になるところはいろいろありましたが、
何とかなりそうという結論に達し決行することにいたしました。


旅行はもちろんですが、はじめて海を見る子供達の反応が楽しみで仕方がない。

 

「海はおっきいよ!きらきらしているよ。お魚たくさんいるかな?」

と、説明したのですが、いまいちピンと来ていない長男。

 

そりゃーそうでしょう。行ったことがない上、言葉も十分理解できない小さな子に、
海について語るほうが野暮というものです。

 

 

--数日後のある日の夕方。

昼間の暑さが和らいだ頃に一緒にお散歩に行くことにしました。

 

手をつないでしばらく歩いていたら、いきなり立ち止まる長男。
そして、目の前の田んぼまでよたよたと歩いていくと、両手をいっぱいに広げて

 

「うわー、きれいな海。」

 

だって。


どうやら田植え前の水が張っている田んぼを見て海と勘違いしたらしいのです。


うん。そうだね。確かにきらきらしてきれいだね。あなたからしたら相当大きいけどさ、ちょっと違う…。


--で、2ヵ月後
本物の海にいったときの反応は薄い薄い。


私「みてみて!海!すごいよね!」

長男 「…(無反応)」


近くにいたアリのほうが気になっていたみたいで、何の反応も示さない。
お前アリなんて家に同じのいるじゃないの!

 

その後水着に着替えさせて海につけてみたのですが、それでもたいした反応がなく。。。

 

旅館のでっかいお風呂のほうがうれしくて大はしゃぎ。

子供ってのはそんなもんですね。


田んぼに水が溜まり始めたこの頃に、いつも思い出すエピソードです。

 

田んぼ、はじめました。 (コミックエッセイの森)

田んぼ、はじめました。 (コミックエッセイの森)

 

 

広告を非表示にする