戸締りよーし

日々低空飛行でも気にしない。できることからやっていきます。

宿題が減る

どうやら長男のクラスでクレームが出たらしい。

 

宿題が多すぎて終わらない。

土日も宿題漬けでどこにも出かけられない。

宿題よりも、家族とのコミュニケーションのほうが大切じゃないのか。

 

というのが親の意見。

 

確かに、新しい学年になってから、ヒーヒー言って宿題をしていたような気がする。

 

長男の処理能力が低いのか、単に量が多いのか。

深く突っ込んで考えたことはなく、家に帰ってすぐに勉強をするのは偉いなーくらいしか思っていなかった。

 

私が小学生だったころは宿題をやった記憶が一切ない。放課後みんなで外遊びする、テレビアニメを見る、本を読む、友達の家でファミコンをする、おやつを食べる。そんな記憶しか残っていない。

 

と考えると、宿題が多すぎるというクレームは的外れではない気がする。

 

だが、子供たちの将来を考えると、少しくらい宿題はあったほうが良い気もする。

 

ある程度強制的に勉強をすることで、勉強の習慣をつけることはとても大切だし、長男個人だけでなく、学校全体、ひいては日本全体の学力低下はやはり気になる。

 

最終的に学校の判断は「1日一つ以上、自主勉強をする」というものになった。要はやりたい人はたくさんやって、やりたくない人は軽いのをちょっとだけやってねというスタイルだ。

 

なかなかよく考えられた宿題だと思う。

 

宿題の量が家庭に任されたことにより、個人の学力の差が大きくなる可能性はありますが、近い将来テストや受験という形で順位づけられる運命なのですから、仕方ないです。

 

宿題が少なくなった!と喜んでいた長男ですが、1つ以上という言葉のマジックに騙されまくっています。

 

・今日授業があった教科、それぞれ1つずつってことだよ?

・1つ以上なんだから、2つくらいやらないと

・このくらいじゃ1にカウントできない

 

なんてことを言われ、結局やっている時間はあまりかわらないという…。

 

今は勉強の内容というよりも、習慣づけることが大切ですので、アメとムチをうまく使いながら、長男には頑張ってもらおうと思います。

 

ちょっとかわいそうですがこれも本人のため。

私も試験がんばるぞっと。

 

合格したら、一緒にナンカレーでも食べに行こうぜ。

 

 

なつやすみのお泊り会

子供達にはなつやすみがあります。

そしてことし、長男と長女は初めて外泊を経験しました。

 

お泊り会の数日前からやたら張り切って準備をし、当日の荷造りではアレもこれも持っていこうとする。

 

荷物を減らすことも考えたのですが、リュックが重いほうが冒険っぽいかなと思いなおし、好きなものを詰めさせました。

 

ついこないだまで、ママがいないと寝られないと泣いていたのにこんな大きな荷物を背負って歩くのですからすごいものです。

 

予定の時間よりはずいぶんと前倒しになりましたが、先方からも許可がでたので悪いと思いつつもお見送りです。

 

出がけに、きちんと挨拶やお礼をすること、仲良くすること、行儀よくすることなどいくつか注意事項を念押ししましたが、もちろん聞いちゃーいない。

 

まあそんなもんですか。

 

 

取り残された私たちはといいますと、子供がいないので静かな家の中。

 

せっかくだから恋人時代を思い出して…なんてことはなく、前から観たかった映画をみたり、クーラーのきいた部屋でただぼんやりとしたり。

 

夕食はどこか外で食べようと話をしていたのですが、暑いし何となく億劫になって冷蔵庫のあまりものでお互い適当にすませてしまいました。

 

子供がいない間の夫婦の距離感は結構難しいですね。結局お互い、ダラダラ過ごしただけになってしまいました。

 

子供たちはどうやら0時すぎまで起きていたようです。

どういう理由かわかりませんが、みんなで日付をまたいだ記念にお祝いのダンスをして、その直後全員ダウンしたということ。

 

友人宅から、子供たちが寝ている写真が送られてきて一安心。これで私もゆっくり寝られます。

 

 

翌日、ちょっと疲れた顔をしながら帰ってきた子供達ですが、前日とは違い、ずいぶんと成長したようにみえます。

 

話を聞いてみると長女は寝るときにちょっぴり涙が出たそうです。ですが、どちらもとても楽しかったと。

 

かわいい子には旅をさせろとはよく言ったものです。違う環境に触れることで、たくさんの刺激を受けてきたのでしょう。

 

とりあえず今日は、いつもの布団でゆっくり寝てください。

明日からまた頑張りましょう。

 

 

ツバメの巣立ち

とうとうその日がやってきました。

先日保護をしたツバメ(ピーちゃん:命名長女)の旅立ちです。

 

体もずいぶん大きくなり、数日前から羽を広げてパタパタさせるようになってきたので、思い切って外に出してみました。

 

あまりの明るさに、はじめは驚いた様子でしたが、すぐにあたりを飛んでいた虫を目で追うようになり、何かのはずみで1メートルくらい先の物干し竿へ飛び移りました。

 

「すごい、飛んだよ!」と子供達も喜んでいたのですが、ピーちゃんも少し驚いた様子。

 

そうこうしているうちに、仲間のツバメたちが集まってきて何やら騒ぎ始めました。

おそらくですが、ピーちゃんの両親や兄弟達でしょう。

 

調べたところによると、ツバメは巣立ちした後しばらく巣の周辺で暮らすらしいのです。私からみたらどのツバメも同じに見えますが、自分の家族はきちんとわかるものなのでしょう。

 

野生に戻れるか少し心配だったのですが、一家がどこかへ飛び去る前に間に合ってよかった。これで狩りの仕方も教えてもらえるでしょう。

 

兄弟のうちの1匹は人間が怖くないのか、私たちのすぐそばまで寄ってきてピーちゃんをせかし始めました。

 

それに従うように、大空へ飛び立つツバメ。

 

こちらを振り返ることもなく仲間と合流し、それっきり、我が家に帰ってくることはありませんでした。

 

今は家の近くの電線にみんなでよくやすんでいます。他のツバメと比べて一回り体が小さいので遠目でもよくわかります。

 

ツバメは来年も同じところに巣をかける傾向があるそうですが、大きくなった姿を見ても多分わからないだろうな。

 

連日の虫取りからは解放されてうれしい反面、あのかわいい鳴き声が聞こえなくなると思うと少し寂しいです。

 

あ、そういえばこの2週間で少しスリムになったんでした。

虫を求めて、そこいら中を歩き回ったのが良かったのかもしれません。

 

もしやこれがツバメの恩返し?

 

2週間という短い期間でしたが、とても貴重な体験ができました。

 

 

つるの おんがえし (いわさきちひろの絵本)

つるの おんがえし (いわさきちひろの絵本)