戸締りよーし

日々低空飛行でも気にしない。できることからやっていきます。

ツバメの巣立ち

とうとうその日がやってきました。

先日保護をしたツバメ(ピーちゃん:命名長女)の旅立ちです。

 

体もずいぶん大きくなり、数日前から羽を広げてパタパタさせるようになってきたので、思い切って外に出してみました。

 

あまりの明るさに、はじめは驚いた様子でしたが、すぐにあたりを飛んでいた虫を目で追うようになり、何かのはずみで1メートルくらい先の物干し竿へ飛び移りました。

 

「すごい、飛んだよ!」と子供達も喜んでいたのですが、ピーちゃんも少し驚いた様子。

 

そうこうしているうちに、仲間のツバメたちが集まってきて何やら騒ぎ始めました。

おそらくですが、ピーちゃんの両親や兄弟達でしょう。

 

調べたところによると、ツバメは巣立ちした後しばらく巣の周辺で暮らすらしいのです。私からみたらどのツバメも同じに見えますが、自分の家族はきちんとわかるものなのでしょう。

 

野生に戻れるか少し心配だったのですが、一家がどこかへ飛び去る前に間に合ってよかった。これで狩りの仕方も教えてもらえるでしょう。

 

兄弟のうちの1匹は人間が怖くないのか、私たちのすぐそばまで寄ってきてピーちゃんをせかし始めました。

 

それに従うように、大空へ飛び立つツバメ。

 

こちらを振り返ることもなく仲間と合流し、それっきり、我が家に帰ってくることはありませんでした。

 

今は家の近くの電線にみんなでよくやすんでいます。他のツバメと比べて一回り体が小さいので遠目でもよくわかります。

 

ツバメは来年も同じところに巣をかける傾向があるそうですが、大きくなった姿を見ても多分わからないだろうな。

 

連日の虫取りからは解放されてうれしい反面、あのかわいい鳴き声が聞こえなくなると思うと少し寂しいです。

 

あ、そういえばこの2週間で少しスリムになったんでした。

虫を求めて、そこいら中を歩き回ったのが良かったのかもしれません。

 

もしやこれがツバメの恩返し?

 

2週間という短い期間でしたが、とても貴重な体験ができました。

 

 

つるの おんがえし (いわさきちひろの絵本)

つるの おんがえし (いわさきちひろの絵本)

 

 

抱っこと筋肉

子供たちは、抱っこやおんぶをしてもらうのが大好き。

 

特に疲れていなければ求められるままに抱っこやおんぶをしてきましたが、そろそろ長女を抱っこするのが限界に近づいてきました。

 

要は筋力が足りないのです。

 

抱っこをせがまれたときに「もう無理だよ」と言ったらとても悲しそうな顔をします。そりゃ、私だって抱っこしてやりたいんだけど体がついていかないから仕方がないじゃないの。

 

ということで、この春先くらいまでは、一生懸命腕立て伏せなどの筋トレをしてきました。私にとってはよく続いたほうで、3か月くらいはやったんじゃないでしょうか。

 

はじめの1か月くらいはかなり効果があり、比較的楽に抱えられるようになったのですが、私の筋肉が増強するスピードより、やつらの体重増加のペースが速く、3か月ももたずに、以前と同じ状況に。

 

素人がちょっとやったくらいじゃダメですね。

 

テレビで筋肉隆々の父親を見ると、子供達をまだまだ抱っこできるのだろうなと少々うらやましくなります。

 

あんな体にはもう慣れないので、最近は椅子に座って抱っこなりおんぶなりするようにしています。これならたいして負荷もかかりません。

 

移動してくれない点は納得できていないようですが、くっつくと安心するらしくまんざらでもない様子です。

 

こんなことができるのもあと数年。パパ嫌い、臭い、キモイ、ハーゲまでもう目の前です。

 

悲しいけど、仕方ないね。

 

 

 

壁のぼり

先日から長男が通っているボルダリング教室。

 

コーチがロープを使って一番高いところまで登らせてくれるという、ちょっとしたイベントがありました。

 

「怖かったら教えてね。途中で降りても大丈夫だからね。」とコーチから優しいお言葉をいただき、順番に登り始めたのですが、20名いた子供のうち、18名が1回のトライで一番上に到達しました。

 

な、なかなか皆さんやりますわね。うちの息子もやるから、みてらっしゃい。

 

いよいよ長男の番。

 

高所恐怖症だったことも忘れて、朝から張り切っていたのですが、いざ登り始めると半分も登らないうちに「もう無理、降りる」と

 

「貴様、それでも日本男児か!根性から叩き直してやる!」とちゃぶ台があればひっくり返す思いをぐっと我慢します。

 

長男もちらちらこちらを見ていたので、もしかするとプレッシャーを感じさせていてはいけないと思い、深呼吸で平静を保ちます。

 

続いて2回目のトライ。

 

今回も1回目と同じところで「もう無理。降りる」と。

 

「きさん!もう我慢ならん。目をつぶって歯を食いしばれ!!!」と思っていたところ、コーチから「がんばれ、もう一歩だけ登ってみよう」。

 

長男はその一言に促されて、もう1段登ることができました。

 

そしてラストトライ。

 

長男はまたも1回目と同じところで「怖いから降りたい」と。

 

私はもう我慢の限界。

「てめ~、えdrftgyふじこlp;@:」と叫びそうになったところ、コーチから「右足を動かしてもう1歩登ってごらん」

 

その一言がきっかけとなり、長男は1歩登り、続いてもう一歩。そこからコーチの励ましの声もあって、何とか一番高いところに到着です。

 

スルスルと壁から降りてきて、得意げに私を見る長男。

 

あとで話を聞いてみたところ「コーチの言葉通りにやっていたら、知らない間にてっぺんについてた。」だってさ。

 

あの子よりは劣っていてたまるかというみっともない思い。

 

子供の習い事についていくと、どうしても親のエゴがでてしまう。

反省。

 

高所恐怖症なのによく頑張りました。

 

いまだに、高所恐怖症を自称していますが、あの壁を登れたんだから恐怖症とは言えないと思うんだけどなぁ。。。